menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

バックナンバー

CGI版 過去のイスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

****************************************************
2019年 1月27日(日)国際ホロコースト記念日
****************************************************
西岸地区ラマラ北方のアデイ・アド近郊で38歳のパレスチナ人ユダヤ人により殺され、多数が負傷。同日朝には、イスラエル人が3人のパレスチナ人に襲われ負傷する事件も発生している。(P,H,Y)

西岸地区パレスチナ人が殺害された事件を受け、国連のムラデノフ中東特使は、入植地での暴力を止めるようイスラエルに要求。(P,H)

ハマスに支援の受取を拒否されたカタールは、国連の協力によりガザの貧困家庭に直接支援金を分配。ハマスも容認したもよう。(P,H,Y)

*米紙の世論調査で、下院の権限によってトランプ大統領の脱税疑惑やロシア疑惑を解明すべきだとの意見が米国民の60%。しかし、トランプ大統領の弾劾を支持する意見は以前の49%から40%に。(P)

*イスラエルとチャドの国連大使が水や農業分野での協力を協議。チャドは最近、国連のイスラエル非難決議に賛成せず棄権している。(P)

*2週間以内に、パレスチナ新政権が発足するもよう。アッバス議長は、ファタハだけでなく他の政治勢力にも新政権に加わるようよう呼びかけ。ハムダラ首相は辞任、新首相は3人の候補から選任へ。(H)

*今日はアウシュビッツ収容所からの解放を記念する国際ホロコースト記念日。ホロコースト生存者は、現在約21万人だが、あと7年程度で80歳以上となり半減する見込みだと、政府統計局は予想。(Y)

第二神殿時代の硬貨が西岸地区北部のナハル・シロから発見。表面には3束の穀物、裏面には王冠と「アグリッパ王」の刻印。ユダヤ地方を41〜44年まで治めたヘロデ・アグリッパ王と見られる。(P)

****************************************************
2019年 1月28日(月)
****************************************************
*元警察長官のアルシェイク氏が、ネタニヤフ首相の汚職疑惑について「司法長官が起訴しないことは考えられない」と発言。司法長官は起訴のための証拠や法的論拠を固めているとの見方を示した。(P,H,Y)

西岸地区で38歳のパレスチナ人入植者に殺された事件に怒ったパレスチナ人約百人が国防軍に投石。国防軍は催涙弾で鎮圧。(P,H,Y)

*米国とカナダに続き、イスラエルもベネズエラのグアイド暫定大統領の支持を表明。大多数の南米諸国やEU諸国もグアイド氏を支持しているが、ロシアや中国はマドゥロ現大統領を支持している。(P,H,Y)

*国際ホロコースト記念日に合わせ、チェコ共和国の下院が国際ホロコースト記念同盟による国際的な反ユダヤ主義の定義を承認した。(P)

*極右のポーランド人活動家のヤバックが45人の支持者と共にアウシュビッツ収容所跡でポーランド政府に対する抗議デモ。政府が「ユダヤ人だけを記念し、他の犠牲者を覚えていない」と非難。(H,Y)

*マイアミ警察の巡査部長が、ダビデの星のついた木箱とユダヤ教の聖書を捨て「これらはクズだ」と叫ぶ動画を公開したため、出勤停止となり、先週解雇された。巡査部長は異議申立ての機会がある。(P)

ガザに住む29歳のフマイドさんが、インスタグラムに自作の折り紙の写真を発表、人気を博している。日本の折り紙作家ともネットで交流するなどして上達した。いつかは日本を訪問したいという。(Y)

*医療用マリファナの輸出を閣議承認。関連企業の株価が急上昇した。輸出額は年間11億ドル規模になると経済省は試算している。(H)

****************************************************
2019年 1月29日(火)
****************************************************
ヘブロンの分割を決めた1997年の合意以来、ヘブロンに駐在していた国際監視団体の、2年ごとの契約更新をネタニヤフ首相が拒否。右派などからの圧力を受けていたため。監視団体は退去へ。(P,H,Y)

*ロシアの特使と副外相がイスラエルを訪問し、ネタニヤフ首相と会談すると、ロシアが発表。会談の目的はシリア情勢の対応策だという。ロシア高官の訪問は良いしるしだとリーバーマン元国防相。(P,Y)

*シリアにある拠点を空爆された事への報復として、イランはイスラエルへの攻撃を激化させるだろうと、リブリン大統領が警告。(Y)

*トランプ大統領の妥協で米政府の機能停止が回復。米共和党のルビオ上院議員は「反BDS法」を4度目の提出。民主党は反対。(P,H)

*ブラジルで発生した鉱山のダムの決壊事故の現場で、イスラエルの救援隊130人が活動中。熱センサーによって生存者は発見できず。遺体発見と回収、そして現地の救援隊のサポートを行っている。(P)

*多くの資金を集めるカナダの慈善団体「ベス・オロス」がイスラエル軍や西岸地区入植地に援助を行っているとの指摘があったため、法律上の「慈善団体」としては認められないとカナダ政府が判断。(H)

*イランの副大統領が企業家や他の閣僚らと共に、2日間のシリア訪問。国土再建や防衛協力について協議。アサド大統領とも会談へ。(P)

チーフラビ局は、過越の祭の間はパン種を含む食材が病院にあることは認めないと決定。宗教的ユダヤ人が入院を拒否し、病状が悪化する事を防ぐためだと主張。最高裁での聴聞会は1ヶ月延期された。(H)


前の号へ

次の号へ



TOP