過去の会 【 大阪地区 2018年 】

開催日時:2018年1月13日 (土) 午後1時30分~4時

講師:坂本 進(シオンとの架け橋:スタッフ・聖書研究会:京都集会員)

テーマ:モーセの律法とキリストの律法

●互に重荷を負い合いなさい。そうすれば、あなたがたはキリストの律法を全うするであろう。 (ガラテヤ人への手紙6:2)
●キリストは、すべて信じる者に義を得させるために、律法の終りとなられたのである。 (ローマ人への手紙10:4)

旧約聖書は律法の書とも言われています。日本語への翻訳の問題も重なり、新、旧訳聖書を通してその意味が混乱しています。
多くの教会が長年にわたりモーセの律法は過去のものとして過少評価をしてきました。
旧約と新約において律法は断絶しているのか、それとも継続しているのか・・・.
イスラエル民族を通して与えられた旧約聖書が、深い愛情に包まれた温かいものとして再発見できることを期待しています。   

大阪地区 過去に学んだテーマ

シオンとの架け橋では、特別セミナーで語られたメッセージ、またヨセフ・シュラム師やエイタン・シシコフ師らの日本語訳著書、およびアジア・メシアニック・フォーラムなどのDVD、その他資料などを販売しています。  
DVD・書籍・資料のご注文 シオンとの架け橋出版部へ