menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

バックナンバー

CGI版 過去のイスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

****************************************************
2020年 11月22日(日)
****************************************************
*1985年にスパイ罪で米国で逮捕され、30年服役したポラード氏の仮釈放期間が終了。出国が可能になり、乳がんで闘病中の妻エステルさんと共に、イスラエルへの早期帰国を目指している。(P,H,Y)

*コロナの治療中人数は8454人で一進一退。陽性率は1.8%。自治区では西岸地区で6428人、ガザで4374人に増加。(H,Y)

*政府はアストラゼネカ社から、500万人分のワクチンを購入する交渉がまとまったと発表。同社のワクチンは高齢者にも有効か。(H)

ガザからアシュケロン市に向けてロケット弾が発射され、警報が鳴り響いたが、市内南部の工場の倉庫に着弾して負傷者はなし。(P,Y)

*先週末までイスラエルに滞在していたポンペオ米国務長官は、金曜のインタビューで、今後数週間のうちに更なる親イスラエル政策を実施すると示唆。後継の政権が後戻りできないようにするためか。(P)

*昨日レバノンで69人の囚人が集団脱走。現地の報道によると5人が逃亡中に自動車事故を起こし死亡、8人は逮捕されたという。(P)

*金曜にニッセンコルン法相が大麻を合法化する法案の素案を発表した。21歳以上の成人に大麻の所持と使用を認めるとする内容。(Y)

テルアビブ大学のエフラティ教授らの研究チームは、高齢者に高圧酸素療法を毎日90分間行うと、老化が止まり若返ると発表した。(P)

*ヘルモン山で今年初の降雪。金曜夜、テルアビブでは洪水で多くの道路が通行止め。多くの都市で洪水があり数十人が救助された。(H,Y)

****************************************************
2020年 11月23日(月)
****************************************************
ガザではコロナ検査の陽性率が30%となり、医療資源が枯渇寸前。すでに、人工呼吸器100台の内79台が使用中だと、パレスチナの医療責任者は説明。あと10日で集中治療室が満床との予想。(H,Y)

*ガンツ国防相はネタニヤフ首相の「潜水艦疑惑」を調査する閣僚委員会を設置すると発表。ただし、権限はそれほど強くない。(P,H,Y)

*ベングリオン氏を記念する式典で演説したネタニヤフ首相は、米大統領選出のバイデン氏に対して、イラン核合意に復帰しないよう呼びかけ。バイデン氏は、条件付きで核合意復帰を認める考え。(P,H,Y)

パレスチナ自治政府は、大統領選出のバイデン氏に、トランプ政権時に始まった反パレスチナの政策を止めるよう呼びかける予定。(P)

国防軍は昨日午前、ガザハマス拠点(ロケット生産工場2か所と地下施設、ハマスの軍事訓練所など)を空爆した。これは、土曜日にハマスがアシュケロンに向けてロケット攻撃を行った報復。(P,Y)

*UAEとのビザなし渡航合意を閣議承認。アラブ諸国とのビザなし渡航合意は、今回が初めてのため、ネタニヤフ首相は称賛した。(P)

*シリアのモアレム外相が先週に死去。病死と見られる。シリア政府は後任に、副外相を務めていたメクダッド氏を任命すると発表。(Y)

*エチオピア北部のティグライ州では、反政府武装組織と政府軍の戦闘が続いていたが、アフメド首相は武装組織に投降を呼びかけ。(Y)

*金曜夜、テロリストが爆弾をエルサレム近郊の交差点などに設置して逃亡したと国境警察が発表。爆発物は車が通過する時に爆発したが、車には被害なし。付近の店にいた2人の未成年の容疑者を逮捕。(P)

****************************************************
2020年 11月24日(火)
****************************************************
ネタニヤフ首相がポンペオ米国務長官と共にサウジアラビアを訪問し、ムハンマド皇太子と会談したと、イスラエルが発表。首相と共に、モサドのコーヘン長官、国家安全保障の関係者も同行した。(P,H,Y)

*米大統領選出のバイデン氏はブリンケン氏を国務長官に任命する予定だと発表。また、ケリー元国務長官を環境問題特使・国家安全保障会議のメンバーとし、グリーンフィールド氏を国連大使に。(P,H,Y)

*コロナ治療中人数は8586人、パレスチナ西岸地区で7013人、ガザで5517人となった。イスラエルでは国内の新たな感染者のうち45%がアラブ人地区で発生しているため、関係者は懸念。(H)

*小5、6年生が学校に復帰。この学年の学校再開は8週間ぶり。感染レベルが低い地域で、中高生も来週初めには学校に戻すことに保健相も賛成した。ネタニヤフ首相とガンツ氏は閣議中に意見が衝突。(P)

デリ内相が、政権が崩壊してまた総選挙になると懸念。ネタニヤフ首相とガンツ氏に、国のために互いに協力するよう呼びかけた。(P)

*バイデン米新政権がイランへの制裁を解除し2015年の核合意に復帰する事を望んでいると、ドイツ政府高官が発言。米新政権が合意に戻れば、イランの核開発計画を縮小させる事ができると期待。(Y)

*女性実業家が活躍する国の世界ランキングで、イスラエルが1位に。昨年は4位だった。女性実業家を増やす政府の政策が奏功か。(P)

*兵役代替の社会奉仕に従事する超正統派の若者約千人が、コロナ禍のため無給休暇か失業中。最大4千ドルの給付を国会で承認した。(Y)


前の号へ

次の号へ



TOP