menu
シオンとの架け橋トップページに戻る

シオンとの架け橋では、イスラエルニュースを無料メールマガジンで配信中です。

イスラエルニュースについて

最新イスラエルニュース

実際に配信されるニュースは、ヘッダー/フッターがつき、画面表示とは多少イメージが異なります。また、キーワードへのリンクは、自動発生ですので一部に不適切なものがあります。あらかじめご了承下さい。

イスラエルニュース 最新号


****************************************************
2019年 12月1日(日)
****************************************************
*新しい世論調査で、11日までに連立政権は組めないとの悲観的な意見が84%。責任はネタニヤフ氏にあるとの意見が43%。次に多かったのはリーバーマン氏の責任だとの意見で、38%だった。(P)

*選挙回避のため、首相陣営とガンツ陣営が国会議員61名の署名集め中。リーバーマン氏がネタニヤフ首相を支持するとの報道も。(P)

ヘブロンで3人のパレスチナ人が火炎瓶をイスラエル人の車に投げたため国防軍が銃撃。18歳の少年が死亡、2人が逮捕された。(P,H,Y)

*ロンドンで、偽の自爆ベストを着た男が2人を刺殺するテロが発生。犯人は通行人に取り押えられ射殺された。ISが犯行声明。(P,H,Y)

パレスチナ自治政府は、イスラエルにユダヤ人が過去に住んでいた考古学的証拠を否定する宣伝を継続中。1948年以前にユダヤ人が住んでいた痕跡は無いとする考古学者の見解を3度も放映した。(P)

*「イエスが寝かされた飼い葉おけの一部」とされる親指大の木片を、約1400年ぶりにバチカンがベツレヘム聖誕教会に返還。(Y)

*16世紀に全欧で人気があったミラノの宝石細工人セッソは、商売上の利益のためカトリックに改宗したとされていたが、テルアビブ大のヘルツィグ博士が、逮捕され改宗を強要されていたことを発見。(H)

*イスラエルでは、公的場所での禁煙キャンペーンを実施中だが、健康政策調査協会が発表した調査結果によると、16歳から74歳までの喫煙率が2017年の18.9%から昨年は19.1%に上昇。(P)

****************************************************
2019年 12月2日(月)
****************************************************
*青と白党のガンツ氏は、三度目の総選挙を回避するためネタニヤフ首相と連立政権を組むようだと、ガンツ氏の側近。ネタニヤフ首相は新提案を行ったもようだが、ガンツ氏の側近らは警戒している。(P,H)

リーバーマン氏は、ネタニヤフ首相らが集めている政権構築のための署名集めには協力していないことが判明。ガンツ氏も対抗して署名を集めているが、いずれの陣営も61議席は確保できない見込み。(P)

*首相の起訴が確実な状況を受けて、起訴された人物が首相になれるかどうかの法的見解を、リブリン大統領が司法長官に確認へ。起訴されても辞任の義務は無いが、新しい政権構築の可否は不明確。(H)

*米国のイラン制裁を回避して貿易が出来るINSTEXというシステムに加わっているEUの6ヶ国をネタニヤフ首相と外相が非難。ダノン国連大使は、EUの資金でイランが兵器を作っていると発言。(P)

*IS戦闘員に家族を破壊され性奴隷とされたヤジディ教徒の女性が、イラク諜報機関に捕えられた犯人と通訳を介して対決。「私は14歳だった。あなたは私の人生を破壊した」などと犯人を非難した。(P)

*西アフリカのブルキナファソでは、隣国マリとの国境付近でイスラム過激派の活動が激化。礼拝中の教会が襲撃され14人が死亡。(Y)

*イラクの議会がマフディ首相の辞任を承認。イラクでは、イランの支配に反発する市民のデモが続いて死者数が400人に。首相はイラクのシーア派最高指導者の支持を失い、辞任に追い込まれた。(P,H,Y)

テルアビブのイチロブ病院が、7歳のターナー症候群の女児の卵母細胞を凍結させたと発表。卵母細胞凍結を7歳で用いるのは異例。(H)

****************************************************
2019年 12月3日(火)
****************************************************
*司法長官が、ネタニヤフ首相の起訴を国会議長に通告。国会は30日以内に首相に不起訴特権を付与できる。また、司法長官は333人の検察側証人のリストを公開。政治家や実業家を含んでいる。(P,H,Y)

*ベネット国防相の就任手続きが、国会の承認なしに行われていたのは基本法違反だったと国会の法律顧問が認めた。しかし、暫定政権での閣僚任命規定は不明確だったため、今回の任命は無効としない。(P)

*マレーシアのマハティール首相は反ユダヤ的発言を繰り返しているため、イスラエルは同首相のラマラ入りを拒否。そのため、マレーシアはヨルダンのアンマンに「在パレスチナ大使館」を開設した。(P)

*イタリアのホロコースト生存者である89歳のセグレ氏が「イエスはユダヤ人だ」と発言。極右政治家トゥイアチ氏が「カトリック教徒として気分を害した」と応じたため、市民から批判を浴びた。(H)

*今年8月から、ヨルダンはアロンの墓へのイスラエル人の訪問を停止中。訪問再開に向けた交渉が、ロンドンで先週から始まった。(P)

*2週間以内にレビヤタン海上天然ガス田から天然ガスをエジプトとヨルダンに輸出すると、スタイニッツ資源エネルギー相が発表。(H)

*ここ十年で、日本の投資家や企業はイスラエルへの投資を活発化している。2017年には、日本のイスラエルへの投資額は12億ドルだったが、これは中国のイスラエルへの投資額を上回るという。(Y)

テルアビブ大が、すい臓がんの新治療法を開発。PJ34と呼ばれる分子を2週間注射すると、9割のガン細胞が死滅するという。(P)


前の号へ

次の号へ



TOP